自分の書いたエロ小説で女の子がオナニーしてくれることが何よりも嬉しい人妻のブログ。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

連続絶頂診察室、イジメ矯正治療の実態~乙女の淫らな懲罰体験【2】~
「連続絶頂診察室、イジメ矯正治療の実態~乙女の淫らな懲罰体験【2】~」

著者:彩嶋セリカ(ネットワーク出版)


大きく広げられた女の肉に激しすぎる振動が…我慢出来なければ恥ずかしい注射をされちゃうなんて…。

hyousi_otome2.jpg


優等生の女子生徒・玲蘭はクラスメイトの夕莉愛に対する性的いじめに依存していた。生徒指導のヤマダは玲蘭の行為を問題視し、彼女を胡散臭いクリニックに連れて行く。そこで密かに行われる、治療と称した背徳行為。

機械仕掛けの椅子が玲蘭の足を強制的に開き、豚のようなメタボ男が舌を使って触診を行う。同性に対する性的いじめは自身の女への被虐願望が満たされないことによる代償行為である、との診断を受けた玲蘭に施される連続絶頂治療。薬の塗布と称したローション責め、電気治療と称した電気マッサージ器責め。徐々に激しさを増す振動に、医師は「耐えられなければボタンを押してください」と言う。しかしボタンを押せば、白濁液のたっぷり詰まった二本の極太注射が玲蘭の患部に挿さるのだった……。

凌辱倒錯ガールズラブ官能『乙女の淫らな懲罰体験』シリーズ第二弾。
本作品はシリーズ既刊未読でもお楽しみいただけます。


――2012年7~8月リリース予定。
電子書店パピレス携帯版で先行リリース後、国内主要電子書店で順次配信されます。


【作者コメント】
百合と呼ぶには毒々しく、レズと呼ぶには陰湿な、十代の少女同士の悪意に満ちた凶暴なエロスを描いた書き下ろしシリーズ第二弾です。

今回は作中作パートだけでなく、現実パートにもエロシーンがあります。エロシーンの一部は、実在するM男性専門性風俗店のプレイ内容を参考にしました。エロ描写の充実度に関しては過去最高だと自負しています。よろしくお願いいたします。


【おすすめ属性】
拘束、羞恥、電マ責め、失禁、3P、二穴、アナル、レズSM、百合
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 肉バイブ職人、始めました。. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。