自分の書いたエロ小説で女の子がオナニーしてくれることが何よりも嬉しい人妻のブログ。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生贄女教師~やめて、顔は撮らないで~
「生贄女教師~やめて、顔は撮らないで~」

著者:彩嶋セリカ(モバイルメディアリサーチ)


hyousi_rk3.jpg


高校の美術教師、紗夜のヒミツ――それは、自らのランジェリー姿を掲載したフォトブログだった。キノと名乗る男に紗夜の素性がバレた時、想像を絶する事態が待ち構えていた。

「俺は先生のファンなんだぜ?」

二人きりのオフ会、さっきまで自身に賞賛を浴びせていたキノが豹変。トイレの個室に連れ込まれた紗夜は、壁に両手をつき、下着を見せるよう強いられ……

「もっと尻を突き出せ」

紗夜が無言で従うと、背後でかしゃりと乾いたシャッター音が響いた――

脅迫、視姦、牢獄、そして露出願望……紗夜とキノの倒錯的な快楽の世界がココに!!


――2012年4月リリース作品。
携帯用電子書籍販売サイト「いまよむ」にて先行発売後、国内の主要電子書店にて順次配信開始になります。
表紙をさらに過激にしたフルカラー口絵付き。


【作者コメント】
大変お待たせいたしました。
凌辱官能シリーズ第三弾がようやく完成いたしました。
私の持論というか推論というか、とにかく私の頭の片隅には「変態性とは人間性、しいては人生そのものである」という考えが居座っているのですが、今回はその点を前面に出して執筆しました。

作中の高級ランジェリーコレクションに関するくだりは自分自身の経験を踏まえて書きました。独身時代に買った高級ランジェリーの数々、購入に七桁少々使っているのですが、大半はクローゼットの肥やしになっています。ランジェリー購入にハマっていた当時、男性との関わりを避け高価な下着に金を使う女性が増えているという記事を週刊誌で読みました。そのとき感じたもやっとした気持ちが該当パートを執筆するにあたってモチベーションになっていたように思います。


【おすすめ属性】
露出、羞恥、視姦、調教

公開絶頂ツイッター~痴漢集団に囲まれて実況中継させられて~
「公開絶頂ツイッター~痴漢集団に囲まれて実況中継させられて~」

著者:彩嶋セリカ(ネットワーク出版)


理想的な女性を演じ、ツイッターで人気者になった女。しかし嘘が露見して恥ずかしい罰を受ける羽目に…


肉バイブ職人、始めました。-彩嶋セリカ「公開絶頂ツイッター」


普段の自分とは全く異なる仮想人格をツイッターで演じ、人気者になったあゆこは、自分のフォロワーを心密かに見下していた。

「馬鹿みたい。こんな底の浅い女を聖女扱いするなんて」

実はあゆこのネット人格は彼女がこれまでの人生で遭遇した嫌いな女を手本にしていたのだった。

嫌いな女たちの真似をして人気者になったあゆこは、普段は口にしないような愚痴や毒や弱音をツイッターで吐くようになる。
ツイッター上のあゆこは私ではなく嫌いな女、誰に何を思われたって構わない、と思いながら。
しかしツイートの内容からあゆこの最寄り駅を割り出し、その自宅を特定した者がいた。

「あゆこがみんなを騙していること、数千人のフォロワーに暴露するよ」

ネットストーカーはあゆこを脅迫し、電車内で痴漢行為に及ぶ。
痴漢の数は日毎に増え、その行為もまたエスカレートしていき、そして遂に……


――2011年3月リリース予定。
電子書店パピレス携帯版ほか、ケータイ用電子書店にて販売予定。
PC用の電子書店では購入できませんのでご注意ください。


【作者コメント】
久しぶりの新作、というか事実上の復帰作です。
リリース順に並べてみると、三作品連続痴漢モノになっていました。平行して別の作品を何作も書いていたので、私個人としては実感があまりないのですが。

ネットワーク出版さんの女性向け官能小説レーベル【感じちゃう恋の本棚】のリリース作品……になると思いますが、主人公が全然恋をしていないので、どうなのでしょう。リリース後に改めて追記いたします。


【おすすめ属性】
痴漢、羞恥、露出、レズSM、痴女


【20120326追記】

3月22日に電子書店パピレス携帯版で発売になりました。
当初の告知通り【感じちゃう恋の本棚】レーベルでのリリースです。
いずれスマフォ用のサイトでも販売される予定です。
よろしくお願いいたします。


【20120412追記】

4月12日より電子書店パピレスPC版・スマフォ版でも販売開始になりました。
いずれは他の電子書店でも購入可能になるとのことです。
よろしくお願いいたします。

おしおき痴漢専用車両~やめて、ケータイカメラで撮らないで~

こんな狭くて薄っぺらな世界に逃げ込むことしか出来ない私が今どんな気分でいるかなんて、私の親友を自称する瑠菜は想像しようとすら思わないんだ。だから瑠菜は嫌い。ずっと一緒だったのに、幼稚園も小学校も毎日一緒に通ってて、エスカレーター式の名門私立女学院にふたり揃って入学して、大人になってもずっと仲良しのままでいようねって言ったのに、どうして新しい友達を欲しがったりするのか分からない、分かりたくない。

――本文より抜粋


「おしおき痴漢専用車両~やめて、ケータイカメラで撮らないで~」

著者:彩嶋セリカ(ネットワーク出版)


痴漢でっち上げで訴えられた裏切り者の友達をお仕置きしたかっただけなのに、どうして私までこんな目に…


肉バイブ職人、始めました。-彩嶋セリカ「おしおき痴漢専用車両」


幼馴染みの瑠菜が痴漢でっち上げで訴えられた。
無実の男性を痴漢にでっち上げて得た示談金や賠償金で高価なブランド物を買い、それを周囲に配ることで人気者の地位を確保していた瑠菜。
どうして。私がいるのに。そこまでして友達が欲しいの?
怒りに燃える主人公・璃奈は闇の職安サイトにアクセス、痴漢依頼の書き込みを行ない、メールを寄越してきた痴漢志願者に、瑠菜が通学に使っている路線名や乗車時刻等を伝える。

しかし、それでも璃奈は瑠菜と手を切ることが出来ない。
「嫌がらせの電話がかかってきて怖いから、一緒に登校して」と言われれば断れない。
そんな璃奈の元に痴漢志願者からメールが届く。

「木下瑠菜の出没場所を50以上の痴漢情報交換掲示板に転載完了。痴漢でっち上げ女には本物の痴漢さん達がエッチなお仕置きをしてくれるでしょう」

こうして璃奈は瑠菜と共に痴漢集団の待ち受ける車両に乗り込む羽目になった――


――2011年7月リリース作品、税込み315円。
電子書店パピレス携帯版ほか、ケータイ用電子書店にて販売中。
PC用の電子書店では購入できませんのでご注意ください。


【作者コメント】
大好きな女友達に対する度を過ぎた独占欲と過激な集団痴漢の合わせ技です。2011年リリース作品の中では一番気に入っているのですが、全然売れていないんです。痴漢モノとしても百合モノ(というかレズSMモノ?)としても実用に耐えると自負しています。試しに読んでみたいけどどれを購入すればいいのか分からないという人は、是非この作品を購入してください。よろしくお願いします。


【おすすめ属性】
痴漢、露出、羞恥、百合、レズSM、ヤンデレ


痴漢専属奴隷~満員電車で3回イカされた私~

「痴漢専属奴隷~満員電車で3回イカされた私~」

著者:彩嶋セリカ(モバイルメディアリサーチ)


肉バイブ職人、始めました。-彩嶋セリカ「痴漢専属奴隷」


ああ、私、今、痴漢に触られてる。満員電車の中でアソコをいじられて、信じられないくらい気持ち良くなってる…。
夜のラッシュアワー、痴漢に弄ばれ惨めな気持ちで帰宅すると、携帯電話にメールが送られてきた。
『痴漢専属奴隷・優菜 1』 まるで官能小説のタイトルのような件名だった。一体、誰が!?
――みんな、おまえの股の間で起きてることを想像するだろうな。
――おまえのような変態女は、何十人もの男に妄想の中で犯されるんだ。
驚いたことに、私は官能小説の主人公にされていたのだった。


――2011年5月リリース作品、税込み367円。
国内の主要電子書店にて販売中。
電子書店パピレスほか一部の電子書店では、作品タイトルが「痴漢専属奴隷~満員電車で集団愛撫された私~」に変更になっています。作品の本文自体は同一です。
表紙をさらに過激にしたフルカラー口絵付き。


【作者コメント】
モバイルメディアリサーチさんの女性向け官能小説レーベル【凌辱官能】(電子書店パピレスほか一部書店では【官能怪談】)第二弾です。

第一弾のときとは異なり、勢いに任せて一気に仕上げました。現実と創作が交錯する内容で、現実パートでは一人の痴漢による陰湿な責めを、作中作パートでは痴漢集団による過激な強制露出等を描きました。痴漢モノの醍醐味を様々な形で詰め込んでいます。よろしくお願いします。


【おすすめ属性】
痴漢、露出、羞恥、ローター、調教


終わらない公開凌辱~何回イクか、実験スタート~

「終わらない公開凌辱~何回イクか、実験スタート~」

著者:彩嶋セリカ(モバイルメディアリサーチ)


彩嶋セリカ「終わらない公開凌辱」


虐げられているのに感じちゃうなんてッ――。
複雑怪奇な女子の性態に迫る「凌辱官能」第一弾!!

ローターを両乳首に、電気マッサージ器をクリに固定して2時間放置、何回イクか実験してみた(被験者:新伊未結、21歳、ショップ店員)
――それが、動画のタイトルだった。心臓が跳ね上がる。画面の中では自分とよく似た同姓同名の女が、手足を拘束され、剥き出しの陰部に電気マッサージ器を当てられていた。獣じみた悲鳴を上げて悶える彼女に嫌悪感を抱きつつも、私は目が離せない。
――「ミライ動画」、それが、この動画共有サイトの名前だった。


――2011年1月リリース作品、税込み367円。
国内の主要電子書店にて販売中。
電子書店パピレスほか一部の電子書店では、作品タイトルが「終わらない公開実験~何分耐えられるか、エッチ動画を流出された私~」に変更になっています。作品の本文自体は同一です。
なお、表紙の文字無しバージョンをフルカラー口絵として挿入しています。


【作者コメント】
私の女性向け官能小説デビュー作です。
モバイルメディアリサーチさんの女性向け官能小説レーベル【妄想女子文庫】用に作ったプロットでしたが、結果的に新規レーベル【凌辱官能】を立ち上げ、(電子書店パピレスほか一部書店ではレーベル名が【官能怪談】になります)、その第一弾としてリリースされました。

私には一般的な女性とは明らかに感性が違うという自覚があり、当時は何を書けば女性読者に喜んでもらえるのかが分からず、とにかく手探り状態でした。
今改めて見直してみると、小説家としてもイラストレーターとしても未熟でお恥ずかしい限りですが、反目し合う女性キャラ同士の精神的レズSMテイストなど、今の作風に繋がる要素がすでに現れていますので、読んでいただけると嬉しいです。


【おすすめ属性】
電マ責め、クリ責め、羞恥、露出、拘束、視姦

Copyright © 肉バイブ職人、始めました。. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。